ワンピースネタバレ予想速報

【ワンピース】スモーカーは2年後海軍中将なのに弱い?

無題

 

スモーカーが弱すぎるのでは
ないか。
と巷では噂されているようです。

 

 

私にも思い当たる部分はあります。
特に2年後はやられキャラクターになった気がします。

 

 

2年前はグランドラインに出発する、
ルフィをローグタウンで足止めしたり、
煙を扱う能力で凄く強い印象でした。

 

 

しかし2年後はとにかくやられまくってます。
なぜ弱いと言われているのか、解説していきます。

 


Sponsored Links

2年前はエースと互角?

 

スモーカーが初登場したのは終りと始まりの島。
海賊王が処刑された町、ローグタウンでした。

 

 

当時は海軍本部大佐として、
3000万の海賊ルフィを追っていました。

 

 

ローグタウンでルフィを逃がして、
しまった事をきっかけにスモーカーは、
ルフィを追っていく事になります。

 

 

その後アラバスタで遭遇する事に。

 

 

この時はエースとルフィがちょうど、
再会している場面でスモーカーに追われた、
時はエースがルフィを守ってくれています。

 

 

この時エースと互角の戦いをしていた、
事からスモーカーはエースと互角の強さ、
なのでは?とよく言われる事があるようです。
関連記事:エースが復活する可能性は?

 

 

ですがこれはたまたま能力の相性が、
良くて煙と炎の属性は相殺されるため、
勝負がつかなかっただけなのです。

 

 

ルフィがスモーカーに勝てない、
主な要因をまとめてみました。

■悪魔の実の相性が悪い。

 

つまりロギア系であるスモーカーに、
ルフィが攻撃する手段がなかったのです。

 

 

ルフィお得意の物理攻撃は、
全て受け流されてしまいます。

 

 

それとトドメに海牢石の武器も、
あるのでルフィからすればまさに、
天敵だったと言えます。

アラバスタ後も頂上戦争で、
2人は全力でぶつかり合いました。

 

 

この時ルフィはギア2を取得していて、
スモーカーにガトリングで攻撃しましたが、
結果は当然煙なので効かず負けています。

 

 

つまり2年前まではスモーカーは、
ルフィに一度も負けた事がないのです。

 

 

なので頂上戦争あたりまでは、
スモーカーはかなり強い印象がありました。

 

 

しかし2年後になると2人の、
強さ関係も逆転しつつあります。


Sponsored Links

スモーカーがやられ役に?

 

2年前ならスモーカーは弱い場面はなく、
むしろ強い印象があったと解説してきました。

 

 

問題は2年後からです。

 

 

2年後になるとスモーカーは中将に、
昇格していて覇気も取得しています。

 

 

なので弱いと言う事はないのですが、
言うなら周りが成長しすぎたのだと思います。

 

 

特に麦わら一味の成長は目覚ましく、
2年前に脅威だったスモーカーも今では、
打ちまかせるくらいになっています。

 

 

なぜ2年前にルフィはスモーカーに、
勝てる見込みがなかったのにスモーカーを、
上回る強さを手に入れる事ができたのか。

 

 

それは覇気という力が全てです。

 

 

覇気を纏って攻撃をすると、
ロギア系能力者にも物理攻撃が効くようになります。

 

 

つまり2年前
受け流されていたルフィの攻撃の、
全てがスモーカーに当てる事ができるのです。

 

 

これによってルフィは2年後、
既にスモーカーより強くなった
のではないか。と予想されています。

 

 

少し話が逸れましたがスモーカーが、
弱いと言われている理由をまとめてみました。

■中将なのに同じ中将の、
ヴェルゴに手も足もでなかった。

 

■ドフラミンゴには赤子のように扱われる。

 

■頭がキレる男のはずなのに、
シーザーに空気を抜かれて窒息している。

大きく分けるとこんな所です。

 

 

1つ目のヴェルゴに手も足もでなかった。
これは単純に中将は一番強い者と弱い者では、
強さに差があると言う事です。

 

 

    • ヴェルゴは中将でも最上位クラス。
    • スモーカーは真ん中くらい。

 

 

当然最上位と真ん中なら、
手も足もでなくても不思議ではないですよね。

 

 

ヴェルゴは身体全体に覇気を、
纏う事が出来ますがスモーカーは、
一部しかできないようなので覇気の面でも、
歴然とした差があるのがわかります。
関連記事:ヴェルゴの強さと能力を考察!

 

 

2つ目のドフラミンゴと戦った時。
スモーカーはボロ負けしています。

 

 

避けるので精一杯で恐らく、
ドフラミンゴは敢えて避けさせる、
攻撃をして遊んでいた。

 

 

と感じられた戦いでした。
まさに大人と子供の戦い。

 

 

海軍中将VS王下七武海

 

 

の戦いでしたが、
スモーカーに勝算はありませんでした。

 

 

最後にパンクハザード島で、
シーザーに窒息させられた場面です。

 

 

これは完全に油断ではなく、
スモーカーとたしぎの身体が入れ替わって、
いたため本来の力が発揮できなかったのです。

 

 

身体が違えば本来の力も発揮できず、
シーザーに敗れてしまったわけです。

 

 

これらからスモーカーが弱いと、
言われてしまっている原因は新世界、
パンクハザード島で誰1人に勝つ事が、
できなかったからですね。

 

 

上で取り上げ忘れましたが、
同じくパンクハザード島で七武海の、
トラファルガー・ローにも負けています。

 

 

合計4回も負けているわけです。

 

 

これだけで一概に弱いと言い切る
事はできないですがこれだけ連敗続きなら
言われてしまってもしょうがないのかな?
と思ってしまいますよね。

 

 

スモーカーが強い相手と立て続けに、
戦いすぎたのかな?と運の悪さも感じます。

 

 

>>ドフラミンゴの強さは大将並みだった?



最新情報

Sponsored Links


 

ワンピースその他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧