ワンピースネタバレ予想速報

【ワンピース】元帥赤犬の最強説と強さを徹底考察

無題

 

大将の中でも超攻撃派の赤犬。
人によってはサカズキと呼ぶ人もいますね。

 

 

2年後の新世界編では大将から元帥に、
昇格したのでもしかしたらこれから前線で、
戦う機会はあまりなくなるのかもしれません。

 

 

元元帥の仏のセンゴクは海軍のトップ、
として指示や指揮をとることが多かったですね。

 

 

センゴクの戦闘が見れたのは、
頂上戦争で黒ひげと戦った時のみ。

 

 

あれだけ強い赤犬が戦わず、
海軍の指揮ばかりになったら少し残念です。

 


Sponsored Links

赤犬と白ひげの強さ関係

 

これはよく話に出てきますよね。

 

 

頂上戦争で何回もぶつかり合っているので、
どちらが強いのか気になる方も多いはずです。

 

 

赤犬は白ひげに、
直接的ダメージを何回か与えています。

 

 

ですが白ひげが赤犬に対して大きな、
ダメージを負わせることができたのは、
エースの命が奪われて怒り狂った時のみです。

 

 

それまでは赤犬相手に、
かなり苦戦していたのは事実なので、
何かキッカケがない限り赤犬の方が、
強いかもしれません!

 

 

ただこれは歳を重ねた白ひげの話であり、
全盛期の白ひげだったら話は別です。

 

 

頂上戦争の際は明らかに体力も、
劣っていましたし息切れも激しかったですよね。

 

 

もしロジャーがいた時の時代であれば、
白ひげが負ける事はなかったと思います。

 

 

赤犬55歳、白ひげ55歳だったとしたら、
明らかに赤犬に勝ち目はないかと。

 

 

ちょっと話は逸れますが、
シャボンディ諸島で対象黄猿とレイリーが、
戦った時もレイリーは黄猿に比べて汗を、
かいていたり疲れが激しかったです。

 

 

この事から白ひげに限った事ではなく、
全盛期にどれだけ絶大な力を持っていても、
70歳近くには衰えは隠せないということです。

 

 

赤犬も10年後とかになれば、
頂上戦争時の白ひげの気持ちが、
少しはわかるのではないでしょうか(笑)

 

 

白ひげと赤犬はロギア系と、
パラミシア系なので悪魔の実の能力の、
面では赤犬は有利なはずなんですよね。


Sponsored Links

赤犬と青キジ

 

この2人は頂上戦争後に、
当時元帥だったセンゴクが降りることで、
元帥争いをした2人ですね。

 

 

場所はパンクハザード島。
争いのキッカケとなったのは、
言うまでもなく2人の考えの違いです。

 

 

青キジにしろ赤犬にしろどちらかが、
元帥になっても下には就きたくないと、
思ったからこそ起こった戦いかと。

 

 

赤犬(炎)と青キジ(氷)との戦いは、
ポケモンで言えば確か氷が有利だったはずです(笑)

 

 

ですがワンピースの世界では通用せず、
結局炎タイプである赤犬が勝利を収めました。

 

 

まあポケモンとワンピースでは、
世界観が違いますし赤犬が炎と言っても、
マグマなのでちょっと違うのかもしれません。

 

 

悪魔の実の能力自体、
鍛え方次第で伸びていくものなので、
能力自体の差もあったのかもしれません。

 

 

私個人としては青キジがなぜ、
負けたのか、想像ができません。

 

 

ただ倒すのであれば一気に凍らせて、
溶かされる前に砕えてしまえばいい話で。

 

 

青キジは頂上戦争の時も白ひげから、
覇気を纏った剣で刺されたことがあります。

 
ですがこの時は無傷でしたので、
マグマ攻撃がそこまで効くとも思えないのですよね。

 

 

赤犬が白ひげ以上の、
覇気を備えているとは考えられないです。

 

 

赤犬も青キジもお互い知り尽くしている相手です。

 

 

なので最終的には能力を使わず、
肉弾戦が多かった可能性も否定できないですが。

 

 

戦いに敗れた青キジは、
片足を失っていましたので、
それは勝負の分かれ目だったのかなと。

 

 

能力の相性としては赤犬が、
おそらく不利、覇気はお互い差はないと思います。

 

 

この2人の強さを分けたのは、
能力をいかに使いこなしていたか。

 

 

あとは体力的な部分も多かったと思われます。

 

 

>>青キジとロビンの関係に迫る!



最新情報

Sponsored Links


 

ワンピース 強さの考察   コメント:0

この記事に関連する記事一覧