ワンピースネタバレ予想速報

【ワンピース】センゴクの強さと2年後の状況は?

無題

 

2年前は元帥として、
仏の名を持っていたセンゴク。

 

 

その後は元帥から降りて、
海兵の教育をしているようです。

 

 

2年後の元帥は赤犬になってます。

 

 

センゴクが推薦したのは、
青雉だったのですが上層部からは、
赤犬の方が評判が良かったのです。

 

 

結局2人は戦う事になり、
赤犬が青雉を打ち負かし、
大将から元帥へと昇格しました。

 


Sponsored Links

センゴクの2年後の状況は?

 

冒頭でセンゴクは頂上戦争後に元帥から、
降りて新人海兵の教育にあたっていると説明しました。

 

 

センゴクは頂上戦争後に、
白ひげがいなくなった事で、
自分も新時代には必要ない老兵だ。

 

 

と自ら判断して元帥から降りたのです。

 

 

確かにセンゴクは白ひげと、
同じ時代に活躍した海兵で今や70歳の高齢者。

 

 

これから時代が大きく変わる時に、
センゴクがいたのでは正直邪魔になるかも。

 

 

長年海軍のトップで指揮を、
とってきただけあり引き際の判断力も流石です。

 

 

センゴクとしては海軍から完全に、
姿を消して一般市民となんら変らない、
生活を望んでいたと思います。

 

 

ですがこれだけの戦力を、
すぐに手を放してくれるはずもなく。

 

 

引き止めたのは
センゴクの上司にあたるコングという人物。
彼がセンゴクに対して、

 

 

せめて新人教育をしてくれ!

 

 

と頼み込んだのです。

 

 

こうしてセンゴクは海軍の前線から、
外れる事になりましたが陰で新しい、
海兵を支え続けています。

 

 

海軍中将だったガープもセンゴクと
同じように前線で活動する事はなくなりました。

 

 

頂上戦争後何やっているかはわかったけど、
それから2年間変わらず新人教育をしていたのか。

 

 

正確にはわからないですが、劇場版
FILM Zでセンゴクは姿を現しています。

 

 

その時はかつての元気な姿はなく、
髪の色が黒から白色になっていました。

 

 

当然ですが現役時代は髪の毛を、
頑張って染めていたのですね(笑)

 

 

ワンピースの世界にも髪を染めたり
する便利用品があったのは驚きです←

 

 

FILM Zの時はガープもセンゴクも、
当然戦う事はなく大将になったコビーと、
話しをしていただけでした。
関連記事:コビーが2年後六式をマスターしてイケメンに?

 

 

この調子だと2年後は、
登場の機会が全くないかもしれませんね。

 

 

センゴクよりもガープの方が、
ルフィと血のつながりがあるので、
再登場の可能性が高そうです。

 

 

センゴクの2年後をまとめると、

 

 

前線で海賊と戦う事はなく裏で、
新しい海兵の教育をするだけ。

 

 

今後再登場する可能性は極めて低い。


Sponsored Links

センゴクの強さを考察

 

結局センゴクってどのくらい強かったのか。

 

 

エースの処刑を止めようとした、
ルフィに能力を解放し攻撃を仕掛けました。

 

 

そして赤犬に命を奪われたエースを、
見たガープが感情に逆らえず赤犬に、
攻撃をした時にセンゴクがガープを止めたり。

 

 

黒ひげが白ひげの能力を手に入れて、
白ひげの能力でマリンフォードを壊そうと、
した時に黒ひげと真っ向から勝負したり。

 

 

全て頂上戦争での出来事ですが、
大きくわけてセンゴクは3回戦闘を見せています。

 

 

まずルフィを止めた場面は、
初めて能力を解放して攻撃した瞬間でした。

 

 

巨大な大仏の姿となりルフィに
パンチしましたがルフィのギア3+ゴムゴムの風船で
その場は凌がれています。

 

 

ですが継続的にパンチをされていたら、
ルフィでは防ぎようがなかった描写だったので、
これだけでもセンゴクの強さが身に染みてわかります。

 

 

ルフィは17歳ですけどセンゴクが70歳。
そう考えると常識はずれな力ですよね。

 

 

これで分かる事は、

 

 

2年前のルフィ < センゴク(70歳)

 

 

である事です。

 

 

そしてガープを止めた場面。

 

 

背後からガープの頭を
地面に叩きつけていました。

 

 

ガープは頂上戦争で、
白ひげ1番隊隊長のマルコを、
拳一撃でダメージを負わせています。

 

 

それ程の力を持っている、
ガープを動けなくさせるセンゴクは、
ガープ以上かはわかりませんが全盛期では
なくても相当な実力者である事がわかります。

 

 

そして誰もが衝撃を受けた、
2つの能力を手に入れた黒ひげと、
少なくとも対等に渡りあっていたセンゴク。

 

 

黒ひげがこれから先頭をきって
新時代を作り出すという時に真っ向から、
止めていたセンゴクこそ伝説の男という、
名に相応しいのではないでしょうか。

 

 

以上からセンゴクの強さを分析すると、

 

 

    • 2年前のセンゴクは大将並みの実力がある。
    • 全盛期は2年前の赤犬以上の実力者。


関連記事:大将の強さ関係を徹底考察

 

 

と予想できます。

 

 

センゴクは全盛期に同じく、
全盛期だった金獅子のシキと、
対等以上に渡りあっていたようです。

 

 

前線から外れてはいますが、
政府側からすれば凄く痛手になって
いるのは間違いないです。

 

 

>>ガープの能力と秘められた強さに迫る!



最新情報

Sponsored Links


 

ワンピース 強さの考察   コメント:0

この記事に関連する記事一覧